HOMEの中の福岡の7つの魅力の中の産業支援プロジェクトの中の医療福祉機器関連産業の振興
パンフレットダウンロード

産業支援プロジェクト

今始める、福岡で。

福岡県では、先端成長産業の育成・拠点化を目指し、産学官が連携した産業支援プロジェクトを強力に推進しています。

  • グリーンアジア国際戦略総合特区
  • 北部九州自動車産業アジア先進拠点プロジェクト
  • 福岡水素戦略(Hy-Lifeプロジェクト)
  • FCV(Fuel Cell Vehicle)普及拠点の形成
  • 医療福祉機器関連産業の振興
  • 福岡バイオバレープロジェクト
  • 福岡の成長を担う様々なプロジェクト

医療福祉機器関連産業の振興

趣旨・目的

 高齢化の進展や予防・健康ニーズの高まりから、医療福祉機器産業は今後も成長が見込まれる数少ない成長分野です。
福岡県内には、半導体やロボット関連企業など医療福祉機器分野に参入可能な高い技術力を有する企業が集積しています。また、医療福祉機器の開発・実証に協力可能な医療系大学、病院、福祉施設も数多くあります。
これらのポテンシャルを活かし、医療福祉機器分野への参入や開発における課題解決を図るため、福岡県では、平成26年7月、企業、病院・福祉施設、大学、行政、産業支援機関等で構成する「ふくおか医療福祉関連機器開発・実証ネットワーク」を設立しました。
このネットワークのもと、企業と病院・福祉施設のマッチングや法規制への対応等を支援することにより、福岡発の医療福祉機器の開発を促進するとともに、医療・介護の質の向上や従事者の負担軽減にも貢献します。

ふくおか医療福祉関連機器開発・実証ネットワーク

ふくおか医療福祉関連機器開発・実証ネットワーク
設立 平成26年7月
構成 企業、病院・福祉施設、大学、行政、
産業支援機関 等
会員数 280(平成28年10月末日現在)
事務局

福岡県商工部新産業振興課
TEL:092-643-3453 FAX:092-643-3421
E-Mail: shinsangyo@pref.fukuoka.lg.jp

医療福祉機器セミナー

主な取り組み

(1)情報発信、セミナー等の開催
  • ・国、県、関係機関の支援施策などの情報を適宜ネットワークの会員に提供。
  • ・医療福祉機器分野への参入に向けたセミナー等を開催。
(2)専門人材の育成
  • ・参入や機器開発、販路開拓に必要な専門知識を持つ人材を育成するための講座を実施。
(3)コーディネータによる調査、マッチング、アドバイス
  • ・医療福祉機器メーカーや販売会社OB、医師など、各分野の専門家を県がコーディネータとして登録。
  • ・コーディネータが医療福祉現場のニーズ調査、開発企業と医療福祉現場のマッチング、開発企業へのアドバイス等を実施。
(4)医療機関メーカーとのマッチング会の開催
  • ・県内ものづくり企業と医療機器メーカーとの連携を進めるため、マッチング会を開催
(5)法規制等への対応支援
  • 県商工部と保健医療介護部が連携し、医療機器に関する法規制への対応のため一貫した支援を実施。
  • ①開発相談コンシェルジュによる支援
    ・保健医療介護部薬務課担当者と専門家により、医療機器の開発段階から承認申請まで、的確な助言・指導を実施。
  • ②薬事戦略相談窓口の設置
    ・医療機器の審査機関である(独)医薬品医療機器総合機構(PMDA)による「薬事戦略相談」を福岡で実施。
  • ③医薬品医療機器等法認証取得支援事業補助金
    ・医薬品医療機器等法の認証やISO13485の取得等に係る経費を一部助成。
(6)医工連携モデル事業の実施
  • ・医療機器開発の一貫支援機能を有する九州大学先端医療イノベーションセンターが、意欲ある中小企業と機器の共同開発を実施。
  • ・医療福祉機器等に対する様々なニーズを有する病院等が、県内企業に対し現場ニーズに基づいた機器開発を支援。
(7)販路開拓支援
・「ふくおか医療福祉関連機器開発・実証ネットワーク」として、学会や展示会に出展し、県内企業が開発した医療福祉機器を展示。

ページトップ